warara

サンタさん、あなた頭が硬すぎますよ。

 

もう30年ほど前になるでしょうか。。
クリスマスケーキに乗っている、カッチカチのサンタさんの頭を無理やりかじりました!

 

年を取ると頭が固くなると言いますが、このサンタさんカッチカチすぎるやろ!

白いひげボウボウやけど、いったい何歳やねん!

 

・・・なんて、気の利いたツッコミは小学生の私には出来ません。

 

1年も経つと、かじったサンタの事はすっかり忘れ、見た目に騙され、毎年、頭カッチカチの高齢サンタ争奪戦は恒例行事。

5歳下の弟が「サンタさん欲しい!」と言うと、

 

イヤイヤ、弟よ、そいつカッチカチやぞ!

去年も一昨年も、その前もかじられただけで、毎年残っとるの覚えてないんか?

 

と心の中で思い出します。

 

が、しか~し、

 

前向きな兄貴である私は
「今年は美味しいかもしれん!」と考えを改めます。

 

更に、弟が欲しい物を欲しくなる「長男病」の私は、もちろん欲しくなります。

 

「俺もサンタが欲しい!!!!!」

 

そして恒例行事の取り合い開始!!

 

争奪戦の結果は、サンタさんは首を折られたのち、私たち兄弟の試合は想像通り両方負けです。

 

サンタさんは去年と同じ所で、寂しそうにこちらを見ています。
毎年つぶらな片目でこちらを見ていますが、もう誰もサンタさんの事なんて気にしていません。

 

今からお皿についているクリームナメナメ大会が開催されます。

私たちは、お皿をピカピカにするとってもお行儀のよい兄弟です。

 

つまり、終わりの儀式が始まります。「汚いからやめなさい!」がゲームセットのサイレン。

 

人とサンタは見た目ではありません中身です。

 

そんな恒例行事を過ごしてきた私はなぜか今ケーキ屋さん。

 

だからOPENから貫き通している事があります。。

 

兄弟で分けるWARaRaのクリスマスケーキの飾りはサンタもプレートも家もチョコ製です。               

マカロンやプチシューものっていて食べれる飾りばかり。

     
切り分けた時にみんなに飾りがあたるように、ケーキのサイズが大きくなるごとに飾りの種類も増えます。

          
・・あ、柊とトナカイだけはなめてくださいね

トナカイは、お弁当のウィンナーにさせるサイズをチョイス。   

                     
ちなみにあのカッチカチサンタのほとんどがベトナム製です。安価で手に入るため使うお店が多いんですよね。

 

でもやっぱりこどもがくちにするものです。

チョコの飾りは安心の国産、マカロンなどの飾りも自家製にこだわりました。

 

他のお店のクリスマスケーキと圧倒的に違うのはスポンジと生クリーム。

 

WARaRaのスポンジは
卵、砂糖、小麦粉、生クリームの4種類の材料しか使っていません。

沢山作る所は機械で生産する為、上の4つの材料だけではスポンジがふんわりしません。

 

生クリームは、みんなが大好きないちごの為に作られたのでは?って位
 

・自然で爽やかな甘み
・ほなかな甘み
・まろやかなコクはそのままですっきりとした後味

 
そんなMEIJIさんの生クリームを使っています。

 

WARaRAのケーキは素材本来の味をお子様にも安心して召し上がっていただけます。

更に長男病の発作も抑えられます。

 

そんなクリスマスケーキの予約は11月16日から始まります。

 

今年は当日販売はございません。予約の受け渡しのみになります。
予定数に達した場合受付を終了いたします。

 

P.S.

このページの使いまわしは3回目(3年目)です

多分、来年も、再来年も、使います!

ライター紹介
WaRaRa

WaRaRa

森本博道 WARaRa店主 3児の父親。『大人げない大人』が目標。人生はゲームだから『今、この一瞬』を全力で楽しもう!

Page Top

©2018 WARARA. All Rights Reserved.