warara

NOストック信者の終末

ズボラ主婦さん、こんにちは!

突然ですが、今回のコロナパニックで何か学んだことはありましたか?

手洗いの正しい方法?

家の消毒の仕方?

マスクの正しい付け方?

はたまた人間の怖さや愚かさ…

いやいやいや…そんなことではなかったはず。

ギリギリになってしか行動しない私達が犯した今回の失敗、そして学んだこととはまさに”ストックをしていなかった”ことではないでしょうか。

かくいう私はストック嫌い…というか、いつかのなんかの主婦向け雑誌に「ストックはムダ遣いのもと!過剰なストックは破滅します」とまでは書いてなかったですが、とにかくストックはあんまりしないほうが良いというのを見た記憶があります。

過剰なストックがどの程度のものなのか分かりませんので想像ですが、大体+3、4個くらいでしょうか。

一方、私は無くなったら買うというのを徹底しているのでいつもストックというものがありません。

ただ、ご覧になったでしょう。デマに流された人達がいつもは過疎っているドラッグストアに朝から列をなし、両手に大量の紙製品を抱えて満足そうに店から出てくる様を。

そんな様子を若干引いた目で見ながらも、実際に物が無くなったことで不安を覚えた人達がさらに買い占めを行うというこれぞ負のループ現象を。

私も後者組でさすがに並んでまで買うことはしなかったものの、いつもの場所にいつもあったオムツや生理用品が消えた日は、マジで焦ったのを忘れもしません。

あるSNSでは転売ヤ―が自分が必要でもないのに今は売れるからと、ミルトン探しに赤ちゃん売り場をウロウロしていたとう目撃情報もあったとか。

どちらにせよ、子供がいる家庭からすると大迷惑なことですが、これもストックさえあれば気持ちに余裕ができてしばらくはなんとかしのげるのです。

なかにはトイレットペーパーがあと1ロールしかないのに、店に売ってないという過酷な状況におられる方もいて「うわ~、それは大変だ!」と思った私ですが、コメントには

「普通ストックしときません?」

「なんでギリギリになるまで買わないの?」

「うちはいつも12ロールを2セットストックしてます」

とここぞとばかりにNOストック信者がストック信者によく分からないマウントを取るという現象も起こる始末。

こちら側の人間からすると、「日本人って本当は怖い人種なのね」と分かった一件でもあったのですが、確かにストックはある程度はしておく必要があるなと考えが変わったのも事実。

こんな非常事態もそうですが、本来はそうじゃなくても常日頃何の自然災害が起きても困らないように備えておくべきなんですよね。

我が家は家が狭いのでストックを置く場所なんてほぼないのですが、もしかしたら明日には”靴下完売しました”などと出るかもしれないという、何がいきなり無くなるのか分からない世の中。

なので、地震などで大量に買い込んでおいたトイレットペーパーの山の下敷きにならなくていいくらいのストックは万が一のために常備しとこうと思いました。

あの日見た主婦雑誌をモロに信じて、自分が良いように解釈してしまったのが運の尽き。

物が無くなると人って冷静さを失うと知った今回のコロナパニック。

私達ズボラもいつもは「まぁ、いっか~」で大体のことを済ませられる能力がありますが、さすがにトイレに紙が無いとなったら心もとないでしょう。

だからといって明日から買い溜めし出すとこのご時世白い目で見られるかもしれないので、シャンプーなどいざ切らした時に夫にキレられない程度のストックはしておいたほうが良いですね。

ズボラゆえマスクを何度も洗って使うのは別に何のためらいもなかったのですが、トイレのあと小さなタオルで拭き、また洗って使うなどという方法はさすがの私も無理。

何はともあれ、無くなってからじゃなく無くなりそうの時点で買い物するのが理想だなと感じた今日この頃でした。

ライター紹介
MIHO

MIHO

11歳・5歳・3歳を育てる田舎在住アラサーママ 末っ子長男はダウン症。 主婦に向いてないのに主婦やってるために失敗ばかり。

Page Top

©2018 WARARA. All Rights Reserved.