warara

3歳にしてバギーを入手したワケ

3歳の歩かないそして前に進まないお子様のお持ちのママ、毎日お疲れ様です。

我が家にももうあと数日で4歳になる子どもがいるんですが、外ではまぁ歩きません。

歩かないというか半径1mくらいを右往左往してなかなか目的地につかないといったほうが適切かも。

そんな我が家は、本当に今更なんですが”バギー”というものを購入しました。

バギー…通称B型ベビーカーともいうのでしょうか。大体対象年齢が腰の据わった6か月~2歳くらいまでの子どもを運ぶ乗り物。

それをうちの坊やのために買ったのですが、あはははって笑っちゃうくらい便利でした。

そもそもうちのベビーカーの歴史は波乱万丈の人生。長女からスタートしたベビーカーは現在4代目。

長女と次女は歳が離れてるので、1代目は処分し新しいものを買いました。そして次女の2代目ベビーカーを2学年差の末っ子に譲り渡したものの、この時点で2代目は何が起こってしまったのか”カビベビーカー”へと変貌。

末っ子は病院に行く回数も多く、移動も多かったのでさすがにカビベビーカーはいかん!と3代目を金融担当大臣である”ばあば”に買っていただきました。

とはいえ、車社会である田舎で暮らす私達の生活は基本徒歩3分以内でも車に乗っていくのが普通な不健康者が多く住む地域なので、病院の駐車場から病室までしか使うことがありませんでした。

それでも肩腰に負担のかかる抱っこ紐より楽な面もあり大活躍!(とばあばの面子を立てておきます)

とはいえ結局病院などに行く回数も減っていくと、お店にはカゴが乗っけられる子ども用カートもあるわけで必要性がなくなり、自転車小屋に放置していたのです。

リクライニング付きで安定しているA型ベビーカーは、重くて邪魔なのを除けば旅行先でも便利な乗り物。

だったのですが、末っ子が歩き出しそれこそ本当にベビーカーってすぐいらなくなっちゃうよねwwという結論へ辿りついたのもつかの間。

生まれて2年しか経っていないのに不健康地域育ちの所以か、歩く楽しみを早々に失ってしまったようでほとんど歩かない子どもに。

なのに最近になって旅行や体力づくりのための公園・上の子のイベントなどが重なり、「ベビーカー…やっぱりいるわ!」となったためバギーという選択肢を取りました。

その他にも小屋に保管してた3代目J Soulベビーカーズがこれまた大変なお姿(カビ)となっておられたというのも理由ではありますがそれは置いといて(カビの生えやすい家ズボラ住宅)

でもそもそもバギーって6か月から乗ることが可能で値段もA型と比べると超安いんですよね。

私が買ったのなんて3,000円(なかなかしょぼいやつ)。対象年齢は2歳までって書いてあるので年齢はオーバーしてますが、体重は15kg以下までOKだったので多分今後数年は使用可能(現在体重11kg)

超コンパクトだし運びやすいし、なんていったってあのカビが生える呪われし自転車小屋に保管しなくても玄関にスマートに立てかけられるっていうのがポイント。

もしかしたら、赤ちゃん時代は抱っこ紐使って半年過ぎたらB型ベビーカーを検討したほうが経済的にも利便性的にも良いのかもしれないと今更ながら思いました。

歩かないといったってさすがに抱っこは死ぬし、4歳の抱っこ紐はドン引きされそうだしと考えると公園とか行って疲れたらバギーに乗せるくらいといった使い方も良い感じ。

そんな感じで「ベビーカーは一人一台」という車社会にどっぷりつかったお金の使い方をしてしまった我が家。

本当にそんなにベビーカーいらんです。使うのも短期間で、歩行推進するならなおさらのこと。

でも我が家のチョロQである末っ子を目的地にスピーディーに運ぶにはバギーという選択肢は大正解だったと思います。

もし、カビが生えたA型をお持ちで、今更ベビーカー購入検討していらっしゃるのなら後悔しないしょぼいバギーはおすすめです。

ライター紹介
MIHO

MIHO

11歳・5歳・3歳を育てる田舎在住アラサーママ 末っ子長男はダウン症。 主婦に向いてないのに主婦やってるために失敗ばかり。

Page Top

©2018 WARARA. All Rights Reserved.