warara

鼻タレ小僧爆誕!ポケットティッシュを手放した日

万年鼻タレ小僧を育ててる同志よ!

薬を飲んでも出続ける液体

常に鼻下はびちょぬれ

いつの間にか重い扉で封印される鼻腔

そこら中に塗りたくられる液体爆弾

今一度、ティッシュで追いかけ回す日々を送るあなたに敬意を表します。

鼻をチーン!とできない幼児時代は、本当に母親の苦労の連続ですよね。

昔は「子供の鼻水は口で吸いとるのが親ってもんだ!」と母親から教えられたものです。

でも実際子供の鼻を口で吸うなんて正直可愛い我が子といえども、目に入れたら痛いし、鼻水なんて気持ち悪すぎて無理ゲー。

私は親に向いてないのか?

なんて薄情な親なんだ…とよく自己嫌悪になったものです。

でも、近年鼻水を直に吸うのは菌をもらって風邪がうつるからダメだという風潮が広がり、遂に時代が私に追いつきました。

なので罪悪感なく、薬局で見つけたホースを通して口で吸い込むタイプのものを買った過去もあります。

当時はなんて便利なものがあるんだ!と使っていましたがコレ…とにかくキツイ。

自身の肺活量が壊滅的なのもあって、全然吸い込めないし頑張るだけ脳が酸素不足に。

鼻水どころか、私が倒れてしまいそうでした。

そして、数年後ー。

真の鼻タレ小僧が爆誕したのをきっかけに、こんなに鼻水が年中出るならもうアレを買うしかないと一念発起。

1万円を超す”据え置き型鼻水吸い取り器”を購入しました!

もうね…便利よコレ。

一気に液体も個体も吸い込んでくれるので、自分が無駄に酸欠になるような二次災害を避けられますから。

しかも大人のお鼻タレも結構吸い込んでくれるので大変便利。

がしかし、ズボラには全然優しい構造ではありませんでした…。

使う度に一回一回ノズルにホース、ボトルを外して洗わないといけないんです。

いや、そんなの当たり前のことではありますがこの作業が超絶面倒くさい。

ただでさえ鼻水がどんどん出てくるのに、吸い取るごとに洗わないといけないなんて、どんだけズボラを殺す気なんだろうか?

1ターンくらいサボってもいいかなとか思うんですけど、さすがに鼻水を器内に残しておきたくないプチ潔癖な性分…。

おまけに置き場所をとるので、頻繁に使っても使わなくても据え置き型は完全にNGでした。

それでも流れ続ける鼻水。

迷いに迷ってハンディタイプまで買っちゃいました。

実は据え置き型を購入する前に候補には入っていたんですが、吸引力の差を考慮して不採用となっていました。

そのため、立派なものを先に買っちゃったこともありあまり期待してなかったんですが、コレがヤバかった。

吸引力はまぁ据え置きタイプには負けますが、とにかくどこでもサッと出して使えて最高なんです☆

万年鼻タレ小僧は、もちろん家の中だけ鼻水が出るわけではありません。

外出時、車の中でも公園でもスーパーでもお構いなしにダラダラと滝のように流れ出します。

だから、鼻タレ児親は全然足りやしないポケットティッシュを大量に持ち歩かないといけないし、捨てるところもないので自身のポッケは丸めたティッシュでいつも膨れています。

だけど、このハンディタイプならバックにも忍ばせておけるし、どこでも簡単に洗浄可能!

もう、いっそのこと箱ティッシュを斜め掛けにして持ち歩こうかと悩まなくて済みます。

正直、より吸引力に優れた据え置きよりも便利だったかもしれないです。

そのくせ値段もハンディ価格(?)なので、鼻タレ小僧がいる家庭には必須アイテムだと思います。

これは決して掃除機の話ではないので、吸引力に関してはスルーするべきだし結構子供の小さい鼻の穴だったらスルスル取れるもんです。

もちろん花粉の時期はこっそり自分の鼻からもズビズビ吸い出しちゃうのも結構。

「わざわざ鼻水取るアイテムっているかなぁ?」と悩んでいるなら、きっと後悔しないと思いますよ!

ライター紹介
MIHO

MIHO

11歳・5歳・3歳を育てる田舎在住アラサーママ 末っ子長男はダウン症。 主婦に向いてないのに主婦やってるために失敗ばかり。

Page Top

©2018 WARARA. All Rights Reserved.