warara

最新常識!子どもの性教育は幼児期から始まっている

「性教育」と聞くとドキッとするお母さん、お父さん
思わず、見なかった振りをしていません?

もしも、このページを開いたことをなかったことにしたら
逃げちゃだめですよ

まずは「性教育」という言葉に慣れてください
親になった以上、子どもへの性教育は避けて通れません
日本人は「性」ということに対して
強いタブーを抱く国民性です

性教育=アダルト商品に結びつけてしまい
激しく拒否反応を示す大人も少なくありません

そのため「性行為」もしくはそれに準じた物事を
いけないことだと隠す傾向にあります
しかし、これはとても悲しいことです

「性」は誰にでもあり
決して特別なことではないのです

しかし「性教育」と言われると
何をどうしていいのか分からないと感じる大人が多いです

それは「性教育」を
勉強の一つ、カリキュラムとして行うからです

ほとんどの大人は
「保健体育」で「受精」「精子」「卵子」というワードで
中学生の頃に性教育を授業で勉強し
「性行為」は禁止ワードとして臥せられ
「SEX」は性商売として大人に隠されて育ちました

でも「性教育」とは
子ども時代に当たり前に触れることのはずです

どんな小さな子でも
「自分」と「相手」との性の違いに気づきます
そして気づいたときに
「どうして?」という疑問を持ちます

この疑問は穢(けが)れのない「性」への探求心であり
自分を知るために
子が親へ投げかける最初の質問なのです

しかし大人が焦って
この質問を拒んでしまうと
「性」への疑問を抱くことをいけないと感じて
隠すようになってしまいます

隠すことを覚えると
最も性を大切にしてほしい思春期に修正ができず
男女共に間違った性行為に走ってしまうことも……
これは大人だからこそ
分かる感覚ではないでしょうか

だからこそタブー視しないで
純粋な質問として
逃げずに受け止めて欲しいのです

例えば

「どうしてお母さんにはオチンチンがないの」

「赤ちゃんはどこから来るの」

「お父さんにおっぱいがないのはどうして」

など
この質問を見て、もしくは子どもから投げかけられて
うろたえてしまうお父さん、お母さんが多いです

保育園でも連絡帳や口頭で
「こんなことを聞かれました(泣)」
と、動揺いっぱいの言葉が届くこともあります

つい大人になると
「性」を色眼鏡で見てしまいがちです

しかし子どもは
そんな色眼鏡は持っていないのです
ところが大人の対応次第で
早々と色眼鏡をかけてしまうことになるとしたら…?

子どもは「性」であっても純粋に質問していますから
まずは大人が色眼鏡を外して、答えることが大切です
では実際にどう答えたらいいのでしょうか
質問がきたら受け止めることです

「すごい、よく気がついたね」

穏やかに受け止めましょう
子どもが新しいことを発見したのです
その発見をまず喜び、褒めましょう
それからどうするのか
(ここが一番知りたいポイントですよね)

実は子どもの質問にすぐに答えないというのは
保育を行う上でも大切なポイントです
なぜなら答えを聞くことに慣れると
子どもは考えなくなるのです

だから敢えて「どうしてそう思ったのか」聞いてみるのです

「どうしてお母さんはオチンチンがないと思う?」

「赤ちゃんはどこから来るのかな?」

「お父さんにおっぱいがないのはどうしてかな?」

すると子どもは自分なりに考えて答えを導き出します
その答えが仮に不正解でも
きちんと受け止めてあげることが大切です
その答えの中に、子どもが本当に聞きたい質問の本質が見えますから

その質問が見極められたときは
逃げずに答えてあげて欲しいのです
この方法なら性教育と身構えることもなく
ナチュラルに対応できるのではないでしょうか
ただしウソやはぐらかしは絶対にNGです

そしてどうしてそんなことを聞くのと怒ることもダメです
こういう質問は聞いてはいけないこと、だと
子どもに思わせてしまうのは
性を隠すことに繋がるので、気をつけてくださいね

次回は低学年時期にできる性教育のお話です

ライター紹介
保育士 とどろきあきら

保育士 とどろきあきら

・保育士(未満児担任) ・レクインストラクター ・公益財団法人日本体育協会公認スポーツリーダー 現在、9歳・6歳・2歳の三児を子育て中

Page Top

©2018 WARARA. All Rights Reserved.