warara

年収?遺伝?そんなの関係ねー!

”親の年収が高い家庭の子どもほど成績が良い傾向にある”という残酷なフレーズをきっとあなたも1度は聞いたことがあるはず。

これは文部科学省の全国調査によって明らかになってて、悲しいかな親の収入が低い家庭の子は教育費にお金をかけるのが難しいので、成績がなかなか上がらないのは事実のようです。

で、まさに我が家も教育費にお金をかける余裕なんてない家庭の一族なので、中学生の娘の学力も低いという現実。

でも、そんな決して収入が高くはない家庭の親が何も考えてないかというとそんなことはなく、必死で働いて塾代の捻出したり、貯蓄を教育費に回していたりするものです。

自分の子には良い教育を受けさせたい!良い大学に行ってほしい!良い会社に入って幸せになってほしい!と思うのは全親の至極当然の願いでしょう。

ですが、親の年収が高いからといってみんながみんなその子どもも優秀だと本当に思いますか?

実際、我が家より明らかに収入が高いであろう共働きの家庭の子で、うちの娘より学力が低い子はたくさんいます。

だとすると結局は収入というより”親の頭が良ければ、子どもの頭も良い”というのが真実なんです。

顔やスタイル、性格が親に似るのであれば必ず学力も遺伝します。そして、親が頭が良いということは高学歴で、高収入であることは想像可能。

つまり「子どもの高学力は親の収入ではなく、遺伝によるところがデカい」のです。

もうね「バカの子はバカ」とか、私からすると収入の時点で打ちのめされたのに、遺伝とか言われたら出る幕は無いわけですよ。

中学時代の学年順位は下の下をキープしてた親の子で、おまけに学力の遺伝は母親のほうをよりもらいやすいとか一体うちの娘が前世でどんな罪を犯したんだと。

とはいえ、私の両親も低学歴及び低収入なので私もこの負の連鎖の一員なのです。

でも「だからうちの子も勉強できないのか~仕方ないね…」と諦めるのは時期尚早!

この負の連鎖は必ず断ち切れます。

確かに学力は遺伝します。そして高収入だと良い塾にも通えますので成績も上がります。

ですが、もうひとつ学力に影響している要素、それが「環境」です!

子どもは環境によって学力が育ちやすいので、お金持ちでも教育環境が悪ければ意味なし。

ということは、親がどれだけ子どもの教育に関心を持ち、関与できるかってすごく重要なことなんです。

勉強って親がやりなさい!というといけないと言いますよね。だから何も言わないで優しく見守るのがベストと考える人もいるかと思います。

ですが、それはただの無関心。言ってもやらないなら、言わなくなったらもっとやらなくなるのは当然です。

なので、私は子どもの勉強の環境に自分も登場させることにしました。ただ「これやったの?あれやったの?」と言うのではなく、私も勉強に加担するのです。

子どもと一緒に相談しながら勉強計画を立てて、どうやってやるのが一番効果的なのか調べてあげて子どもが実践する。

スポーツ選手や政治家など、この世には才能や地位によるところがデカいものがありますが、勉強だけは唯一才能など関係なくみんな平等に与えられているものです。

環境さえ変えられれば、金持ちじゃなくても親がバカでも、努力次第でどんだけでも上位に行けると思っています。

勉強ができない子は決して頭が悪いからじゃなく、「勉強の仕方が分からない」のと「成功体験がないからやらない」だけ。

私もカエルの子はカエルなのかと絶望してましたが、負の連鎖を断ち切るべく子どもの勉強に関与しまくってます。

おかげで私も期末の試験範囲をムダに覚えてしまいましたが、娘は生まれ変わったかのように勉強にヤル気を見せています。

収入・学歴・遺伝…そんなもの”環境”を変えて吹っ飛ばしてやりましょう!

ライター紹介
MIHO

MIHO

11歳・5歳・3歳を育てる田舎在住アラサーママ 末っ子長男はダウン症。 主婦に向いてないのに主婦やってるために失敗ばかり。

Page Top

©2018 WARARA. All Rights Reserved.