warara

保育士が子育てに取り入れた方法で野菜が大好きになる!

子どもの「食事の好き嫌い」

特に嫌いなものを食べさせなければいけない…!

そう感じているお母さんやお父さんは多いですよね

 

私自身も保育士である前に「一人の母親」として

やはり子どもの好き嫌いはなくしたいと願いました

それはやはり

何でも食べられる子は、得だからです

 

保育園でも小学校でも給食は避けて通れません

そんなときに、好き嫌いが激しいと

食事がしっかり食べられないからです

 

そんな我が家の好き嫌いを減らす方法は

私が以前担当した園児からヒントをもらったので

エピソードとして紹介しますね

 

当時、担当していた未満児クラスのSくん

お母さん曰く「野菜が苦手」な子でした

確かに、給食で野菜が出ると明らかにそれを避けて

好きなメインばかり欲しがり

ときに駄々をこねることも珍しくありませんでした

しかしSくんは給食ではなく

「おやつ」の野菜メニューは食べることができる子だったのです

・こふきいも

・ニンジンのグラッセ

・サツマイモの甘煮 など

 

 つまり「メイン」に見劣りをするから

「野菜」を拒む傾向が強かったのです

実はSくんのような野菜嫌いの子は少なくないのです

そんなSくんの好き嫌い状況を私なりに考えて

我が家では各幼少期に「メイン」と「野菜」を並べないことにしたのです

 

とはいっても、どこかのフルコースのように

順番に料理を出すなんて、そんな面倒くさいことはしません

大切なのは「野菜」の素材で勝負するということです

 

私は、ごはん前の「空腹」と「つまみぐい」を活用しました

料理をしていると

つまみ食いが妙に美味しく感じませんか

私も、味見と称してついつい食べちゃいます()

 

ちょっとお行儀は悪いですが

我が家では「野菜」のつまみ食いはOK

早々とテーブルに並べちゃいます

おやつ感覚で食べるのがオススメです

ただし、子どもが苦手とする葉物系野菜はハードルが高いので

にんじんやジャガイモといった根菜が無難です

そして大切なのは「ゆでたて」「できたて」をあげること

味付けは塩などシンプルで十分

 

素材の味を知り

空腹という味付けでおいしさが増し

自然と野菜を好きになれるのです

葉物野菜の場合は

歯が生えそろい、咀嚼(そしゃく)が十分に

できるようになってからで大丈夫です

 

実は野菜に含まれる「えぐみ」や「緑色」は

子どもが「毒」と認識し

本能的に避ける傾向が強いので

苦手に感じるときは無理にあげる必要はありません

 

 また細かくして隠してあげることもオススメできません

隠すと言うことは、子どもをだまし討ちにするということです

余計に苦手意識(イメージ)を植え付けてしまうからです

 

正々堂々と野菜を出す!

これが、とっても大切なのです

 

わが子たちですが

この方法を色々にアレンジしてみたところ

末っ子の2歳児は

生野菜サラダをモリモリと食べてくれています

 

最近は「食育」という言葉が良く使われていますよね

私のやっていることも、結果としては食育です

でも食育とは本来

昔は当たり前だった「生きるための食」であり

本来は教えられただけでは、得られないことばかりです

 

しかし子ども自身

食への関心が減っているのも事実です

これは農業や畜産が身近でなくなったためですよね

 

では、薄くなったその関心を引くためには?

素材そのもので勝負することです 

野菜に触れてみる(土付きならなお可)

水で洗ってみる

切ってみる(※年齢による)

 

食育だからと難しく考えることは必要なく

子どもの知らない世界への興味を開くだけで

好き嫌い問題はすんなり解決することがあります

 

もちろん解決しない場合でも

焦らなくて大丈夫

大人にだって好き嫌いはあるのですから

嫌いなものがあっても

しっかり食べられることを大切に

気長に付き合いましょう

 

そして最後に

子どもが嫌いだからと言って

食材そのものを食卓から外さないでくださいね

目でみることで抵抗が減ることもあるのです

 

大人が美味しく食べる

それこそが今の子どもに必要な食育なのではないでしょうか

ライター紹介
保育士 とどろきあきら

保育士 とどろきあきら

・保育士(未満児担任) ・レクインストラクター ・公益財団法人日本体育協会公認スポーツリーダー 現在、9歳・6歳・2歳の三児を子育て中

Page Top

©2018 WARARA. All Rights Reserved.