warara

今すぐ買うんだ

私以前「コードレス掃除機買いなよ!人生変わるよ☆」みたいなイキり倒したブログを書いたのですが知ってますか?

いや、コードが付いてる掃除機もいいんですよ(煩わしいけど)
そして、コードレス掃除機も本当にいいんですよ(充電切れにイラつくけど)

でもやっぱり時代は”お掃除ロボット”ですよ!(見事な寝返り)

今までお掃除ロボットに対して大した思いもなく、どちらかと言えば高級タワマン住みか、老後も馬車馬35年ローン注文住宅に住むような人達が家電も最先端をいこうと、ミーハーで入手するような掃除機なんだろうと思っていました。

そんな偏見丸出しの欠陥戸建て賃貸住宅住みの私でしたが、なんか最近急に気になり始めたんです。

分かりやすくいうと、恋の始まり方と似てるような感じ。

今までなんとも思わなかった、むしろ良いイメージがなかったアイツなのになんか突然意識し出したそんな時期。

そりゃアイツのこと検索し出しますよね。日本の裏側熱帯雨林のアマゾンで(ネットで)

そしたらいるいる。私にも手が届くようなちょうどいいスペックのアイツが。すぐにこの人に決めていいものか、我が家の稼ぎ頭にお伺いを立てるためにすかさずスクショです。

とはいっても、うちにはまだ現役のコードレスがいます。

私は朝掃除機をかけたい派なので、起きて早々掃除をするのですがこれが何とも家中に爆音を轟かせます。

近所とは少し離れてるのでそんなに気にはならないと思いますが、まだ寝てる家族は大迷惑極まりなし。

早く起きろといわんばかりに掃除機かける私でも、実際は寝起きから掃除機の爆音は非常にキツイというのが正直な感想。

でも、音はまだいい。それよりも朝からミイラみたいな体の状態で掃除機をかける作業というのが本当にしんどい。嘘。昼間でもしんどい。むしろ掃除自体がしんどい。

これだけでもお掃除ロボットのお世話になる理由はあるにはあるんですが、我が家はとにかく狭小住宅でロボットがうろちょろするような場所なんてないと思っていました。

だからどうしよーかなーと悩んでいた時、稼ぎ頭に相談したら「は?2万円?そんなんいらん」と言われたんです。

いらんと言われたら欲しくなってしまう性癖の私。

私「でも、朝から爆音鳴らして掃除しなくてよくなるんよ。てか、あんた簡単に課金に3万も使う癖にそれ言うか?」

頭「それとこれは違う。そもそも掃除機あるんだから自分で掃除すりゃいい」

人から掃除しろと言われるのが史上最高に嫌いな私は、そこからアイツのメリットをプレゼン。詳しい値段を見せるためにアマゾンへGO。

そしたらなんと、タイムセールで4,000円も値下げしてるではありませんか!

しかもそれを伝えると稼ぎ頭は「今すぐ買え。チャンスは逃すな」とアタオカ発言。

で、お掃除ロボットを遂にモノにしちゃいまし♡

ここまでのくだりはどうでもよくて、実際1週間ほど使ってみた感想は「今すぐ買うんだ」

わざわざ掃除を自らの手で掃除する決まりなんてないんですよ。部屋がキレイになるのが目的なんだから、掃除すること自体に本来美学はない。

ただ、私がやるより超時間がかかっちゃう子なので、深夜労働やってもらってます。すると朝起きたらまぁ床がキレイ!掃除のために早く起きる必要がないんです。音も想定内。

床から物を排除しなくてはいけませんが、丁寧なお仕事やってもらえるなら物どかすくらいお茶の子さいさい。

決して高価なものではありませんが、我が家が使用するにはまだお掃除ロボットに対して目が肥えてない分申し分ないと思ってます。

掃除なんて機械がやれば良い時代がもうやってきてます。家が狭くても1台あればかなりの時短になるかもしれません。

ルンバ?…まぁいつかは…ね。

ライター紹介
MIHO

MIHO

11歳・5歳・3歳を育てる田舎在住アラサーママ 末っ子長男はダウン症。 主婦に向いてないのに主婦やってるために失敗ばかり。

Page Top

©2018 WARARA. All Rights Reserved.