warara

ハメハメハ大王になりたい日

ジメジメでいや〜な季節、梅雨の到来です。

髪はまとまらないし、洗濯物は乾かないし、体調は優れないしで最悪な季節ですよね。

で!もーっとしんどいと思わせるのが「子の送迎」

もうね、梅雨に限らず雨が降ったら南の島のハメハメハ大王がごとくお休みしたいといつも思ってます(前科あり)

うちの子達3人、みんなそれぞれ違う園に通ったんですが、上2人は駐車場の目の前が入り口だったのでさほど苦労せずでした。

問題は3人目。駐車場から園まで徒歩30秒ほどの距離があるんです。

別に大人だったら全く大した距離ではありません。

ですがこれが子連れとなると長距離ウォーカーと化します。

ただでさえ登園渋りがあるというのに、あの長距離。どうでもいい葉っぱを触ってみたり、しゃがみ込んでアリを見てみたり、幼稚園の前を通り過ぎてみたり…

毎日ストレートに辿り着けた覚えがねぇ。

そんなハンデを負っている我が3人目が通う園。

もう、お分かりいただけたことでしょう。

雨が降っているというだけで休みたいというこの母の気持ちが。

とにかくあの30秒の距離が地獄の時間となるのですから。

まず雨の日は車から降りるところから萎えますね。

大人だったら傘差して1秒で外界へ出られる。

が、子連れだとチャイルドシートから降ろして(この時点で傘は機能してない)

飛び出るのを阻止して(親子でショーシャンクの空)

やっと子に傘を差させて(雨でテンション爆上げにより傘を振り回す)

やっと歩き出したら飽きて抱っこ要求(子のムダ濡れした傘で我が服が濡れる2次被害)

左手に傘、右手に子(まれに月曜日グッズ付き)

セルフ筋トレで園まで運んだ後は丸一日頑張った日の夕方ばりの疲労感。

ほんの数十メートルの距離で波瀾万丈な時間過ごすのってうちだけですか?

しかもどのママさんも送迎だけにも関わらず綺麗なお召し物着てあるんですよ。

うちだけ雨の日は水着でいいかなくらいのレベルなんですが、そうはいきません(みじんこプライド)

ただね、ちょっと前に雨の日の車の乗り降りで良いものをゲットしたんです。

それが「傘に付ける磁石」

何気に売り切れ続出でなかなか手に入らなかったし、雨の日しか使わないから前から知ってはいたもののなかなか買えずにいました。

でもね、いざ使ってみたらもう全車乗り子連れ親に使って欲しいと切実に思う。

3人目が通う園のママさんが使ってるのをまだ見たことないので、マジでもっと広まってほしい。

ほんとにただ傘の先に磁石が付いてるだけなんですが、これを車の天井に付けるだけで傘が完全に屋根になるんです。

マジで濡れないし、傘がぼとりと落ちてイラつくこともない。

私はこれがあるだけで雨の日の送迎がグンと楽になりました(地獄のロードは健在)

しかし、売ってるのはただの磁石なのに1000円弱もするので、手作りをおすすめします(ズボラ以外)

まずそんなに大変ならカッパ着ろよって話なんですが、ズボラにカッパは向いてないのであえて無視でお願いします。

そんな雨の日の送迎。園によっては本当に大変なことだと思います。世の送迎担当猛者はほんと偉い。

上の子の園で何度かドライブスルー方式の送迎をやっていたことがあって、「子どもはハンバーガーちゃうぞ!」って一瞬怪訝に思ったこともありましたが、今ではあの送迎方法ほど画期的で効率的なものはなかったです。

本当に子がハンバーガーだったらどんなに送迎が楽だっただろうか。

でも今更そんなこと言ってもしょうがないので、なんとか雨の日便利グッズを駆使するしか方法はありません。

今は逆さ傘とかいう、閉じても濡れない傘もあるようで、車民にとってはどんどん良いアイテムが出てきてます。

子どもの送迎は何かとしんどいことも多いですが、便利グッズを使って雨の日もちょっとはマシな送り迎えが出来ると良いですね。

ライター紹介
MIHO

MIHO

11歳・5歳・3歳を育てる田舎在住アラサーママ 末っ子長男はダウン症。 主婦に向いてないのに主婦やってるために失敗ばかり。

Page Top

©2018 WARARA. All Rights Reserved.