warara

ダイエットを新年の目標に掲げてはいけない!

毎年、年明けとともに「今年こそはダイエット成功させる!」と宣言し、その目標もまた来年に持ち越し…。

そんな【ダイエットやるやる依存症】に陥っているあなた。

明けましておめでとうございます。

「今年こそはダイエット!」を新年の抱負に掲げ早数年…

もうこれを目標にしないと気が済まなくなっているのではないでしょうか?

しかし!

気持ちが一新されるお正月にダイエット宣言はとても危険です!

それはなぜか?

人(私)って食料があればあるほど体内に取り込みたくなるもの。

食料が豊富にある時期…それこそ年末年始や1月ではないですか?

実家より、食べきれないからと大量のパックで持たされたおせち

親戚からもらった大量のお餅

お土産にもらった大量のお菓子やハム、漬物…

いや、有難いんです。

どこのお家も食材を消費できないから押し付け合戦をしているのでは決してないのです。

でも、新年の抱負に「ダイエット」を掲げてる身としては全く有り難くない。

どうにかして消費せねばという思いと、こんなにご飯のお供がある〜♡という思いは冷蔵庫だけでなく身体の脂肪も潤してしまうことに。

せっかく今年こそは!と決意してもほくほくな食料の数々に

「やっぱり明日からやろう」

「いや、来週からだな」

「いーや、キリが悪いから15日から!」

と決心はブレブレ…

まず、ダイエット決意後はちょっと先延ばしにしてしまうと以後達成することはありません。

私も昨年「この旅行が終わったらダイエット再開しよう」と思ってましたがダラダラの沼にはまってしまい早3ヶ月。

ダイエットは長期戦。

決意したら即行動に移さないと脂肪は瞬く間に身体に取り憑きます。

美味しいものを食べまくってから約2週間で痩せたい場所を直で狙って襲い掛かります。

その後は、何倍も頑張って追い払わないと退散してくれないのです。

一年の計は元旦にありと言いますが、計画もなにもダイエットのコツは「余計なものは食べないこと」からのスタート。

お腹が減ればすぐに食べられて、かつお腹も心も満たされる依存性の高いインスタント食品は絶対NG。

太る食べ物は手軽に食べられるものばかりです。

私も小腹が空くとすぐカップ麺に手が伸びそうになりますが、ダイエットを拗らせる代表なので要注意。

心は満たさないでお腹だけを満たす豆腐や納豆、なんだかんだでいつも冷蔵庫にいるカニカマなどはオススメ。

とにかくお正月の残り食材やお土産うんぬんなど、消費するべきものがある内は余計に食べてしまうので、1月のダイエット宣言はオススメしません。

冷蔵庫の中身がスマートになった通常運転時からにしたほうが絶対に良いに決まってますよね。

そうなると決意後はすぐに始めなければ決心が薄れるので、食料が底を尽きる2月にダイエットの目標を立てるべし。

「2月?キリが悪いよ~」

と思っちゃいますよね?

でも、今までずっとキリが悪いと思っていたからいまだにダイエットが成功していないのですよっ!(喝)

私は昨年の夏「なんかちょっとやってみるか…」と重い腰を上げた中途半端な日からやって体が引き締まりました。

でもやっぱり、食料が増える12月は体内に食べ物を蓄えたせいで、あっという間にデブまっしぐら。

本当は時期なんて関係ないのだけど、豊富な食料の誘惑は凄まじい力で襲ってくるので、自分で調整できる頃からがベストなんです。

まだまだ先の長い1年。きっと年末には良いボディが完成されているはず。

という私も、義実家より押し付けられた頂いたおせちの残りの完全消費に躍起中。

そろそろあなたのお家の冷蔵庫も空っぽになってるはず。

今年こそは本気出して、来年の抱負にダイエットを掲げなくて済むようにできたら良いですよね。

ライター紹介
MIHO

MIHO

11歳・5歳・3歳を育てる田舎在住アラサーママ 末っ子長男はダウン症。 主婦に向いてないのに主婦やってるために失敗ばかり。

Page Top

©2018 WARARA. All Rights Reserved.