warara

コロナ茶番劇に踊らされる私たち

先日「GOTOトラベルおすすすめ♡」というブログを書いたばっかりなのにそのGOTOがあっけなく中止されてしまいました(泣)

コロナ禍で厳しくなった観光業界や飲食店の復興目的のための支援策であるGOTOは一瞬で闇に葬られることになってしまったのです。

そうなると今度はまた多くの業界で悲鳴の嵐がスタートするのは明らか。

でもテレビでは毎日のように「時短営業を求めます!みんな自粛しましょう!」という煽りがすごいですよね。

ある知事は「20代から50代は居酒屋・繁華街に行かないで」というトンデモメッセージも出しました(60代からは良いのかよw)

だから益々「コロナって怖いんだ!ステイホームステイホーム‼」というコロナ脳さんたちがたくさん生まれています。

でも本当のコロナウィルスの実態についてどこかで報道されているのを見たことありますか?

「感染者が増えました!緊急事態宣言後2番目に多い人数です!」などと誰得な情報ばっかりな報道に惑わされていませんか?

実際は”コロナ陽性者で無症状な人は全くの健康な人で、なおかつ他人に移す根拠やデータは存在しない”と厚生労働省がはっきり言っています。

厚生労働省が言っているのを知らずして、テレビのどこの馬の骨か分からないような自称専門家を名乗る人のほうを信じちゃいますか?

とにもかくにも、コロナウィルスはもしどっかでもらっちゃったとしても発症しなければ他人にうつす事実がないので、”陽性者=感染者だからヤバい!”という考えはマジで危険過ぎます。

だから「マスクしてない人はヤバいヤツ」とか「感染者が出た!誰々?サイアク!」といった差別や偏見につながってしまうのですから。

そんな実際に起こっている悲しいことは完全に無視して、毎日ムダなPCR検査で陽性者を爆憎させて「感染者増えました!気を付けて!」とアナウンサーがマジ顔で言ってるのは本当謎。

それよりも私はこのまま経済が破綻してしまうすることのほうが怖くてしょうがないです。

よく「コロナが収まったら外食したい!旅行も行きたいね!」と言う人がいますが、仮にそうなってる頃には行きつけの居酒屋も、いつか行きたかったあの高級ホテルも無くなってるかもしれません。

今でも厳しい状況だと各方面から悲鳴が上がってるのに、こうしたコロナ茶番によって多くの人の生活と命がすでに脅かされている我が国。

そしてさらにコロナに感染して亡くなってる人は少ないのに、自殺者は昨年より3割も増えているとか。

もっと最悪なのは大人だけじゃなく子どもの自殺も多くなっていること。少子化に加えて今後未来を担っていく大切な子どもたちすらだんだんいなくなっているのです。

このままだと日本はコロナでは終わらないけど、コロナ対策によって終わる可能性は充分あることがいえますよね…。

私もコロナが流行り始めた当初は未知のウィルスだということで、とっても恐怖に感じて神経質すぎるほどいろんな場所の消毒や手洗いを徹底していました。

でも今ではだんだんウィルスの正体が明かされてきて、大した危険のない雑魚ウィルスっていうのが分かってきました。

確かに知らない人がいないレベルの有名人が亡くなったことで、その恐怖が倍増したのは事実かもしれませんが、他の病気で亡くなる人のほうが圧倒的に多いのも事実。

なんなら事故率のほうが高いのに、みんな車にほぼ毎日乗りますよね?車じゃなくても電車やバスも同様です。

もし、メディアで毎日車による事故率が報道され始めたらきっとみんな車に乗るのも控えるようになるでしょう。

そんなことありえます?

でも実際そんなありえないことが別の形となって起こっているのです。

私は今では普通の生活を送っています。生きている限り不要不急の外出や用事なんて存在しないはず。

マスクに自粛…こんなコロナ茶番劇に付き合って一生台無しにするかどうかはあなた次第です!

ライター紹介
MIHO

MIHO

11歳・5歳・3歳を育てる田舎在住アラサーママ 末っ子長男はダウン症。 主婦に向いてないのに主婦やってるために失敗ばかり。

Page Top

©2018 WARARA. All Rights Reserved.