warara

キッチン作業から解放されるための第一歩

ズボラ主婦にとってキッチンはなるべく立ちたくない所。

しかし、生活の中心となる場所であるため、立たなければ生きていけない所でもあります。

私達はこの不穏な場所からなるべく早く脱出してソファにダイブするべく、とことん手抜きをしなければなりません。

その大きな一歩はなんだと思いますか?

もちろんアレですよ。

【水切りカゴの排除】でございます!

ズボラにとっては手抜きかそうじゃないかの狭間にいるこの紙一重アイテム。

このカゴ、はじめは楽したいがために使っていたものの、ある時を境にとてつもなく面倒なものだと気付きました。

まず水切りカゴの何が便利かって、洗ったものをポンポン中に入れて放置するだけで勝手に乾いてくれる代物という点ですよね。

乾いたら食器棚に片付ければいいだけなので非常に便利。

でも、この後利便性を超えるめんどくささがズボラ主婦を襲うのです。

カゴを使い続ける

   ↓

トレーに水が溜まる

   ↓

見て見ぬ振りするか水だけ切る

   ↓

雑菌が湧く

   ↓

カビる

   ↓

時間がないからと見て見ぬ振りする

結局見て見ぬ振りが得意な私達は、あの下の水が溜まるトレーのことまでお世話が出来ません。

しかも、狭いキッチンの大半を占めてしまう水切りカゴは邪魔で仕方ない存在でもあります。

そこで登場するのが救世主の【水切りマット】です!

カゴではなくマットになっただけでどれだけ楽になると思いますか?

私はマットを我が家にお迎えしてから、天と地の差ほどキッチンに立つのが楽チンになりました。

確かに水切りマットもキッチンの幅を取ることで有名です。

ただそれ以外はあのカビの住処にもなり得るカゴよりもずっと手入れが楽になりました。

なんてったってマット様はカビない。

もちろんずっと放置すればカビだらけですよ?

でも使い終わったら洗濯機にポイするだけなので、ずーっと放置するなんてことはありません。

そうすれば毎回清潔に使えるし、水だって結構吸ってくれるし、万能ツールであることは間違いありません。

家族が多いとそれだけ食器も多くなるので、マットは大量に必要になります。

そこで、あなたも大好きであろう100均のご登場。

大判サイズを何枚か買っておけば洗い替えもOKで、カゴを買うよりお安く済みます。

おまけに古くなったら「どうせ100均だし」と、気軽に廃棄出来ます。

でも、あの水切りカゴはどうでしょうか?

すぐに古くさせてしまうし、捨てるにしてもかなりデカいですよね。

ここまで言い張ると水切りカゴに親でも殺されたかのような憎悪を抱いているように見えますが、全然そんなことはないんですよ。

でも、カゴを持たない生活を始めたことによってキッチンにゆとりができたのは紛れもない事実。

それともう一点!ズボラ主婦におすすめの水切りグッズがあります。

その名も【シンクロール水切りラック】

ロール式のシンクにかけて使うタイプの水切りラック(お名前通り)で、水筒やコップなど、筒状のなかなか乾きずらいものを干して水を切ることができるアイテム。

食器だけじゃなく、葉物野菜などの水を切りたい食材も置いておけばシンクに水がそのまま落ちていくのでめちゃくちゃ便利です。

使わない時は巻いて立てかけておけるので、わざわざ新参者に居場所を作ってあげる必要はなし。

さすがに100均では見つけられませんでしたが、安いものだと1,000円以下で購入できます。

我が家はこの”水切りマット”と”ロール式の水切りラック”の2人体制で、キッチンで作業するめんどうな手間や時間がかなり削減されました。

結局キッチンにいる時間が長くなるのは「アイテムの後処理」が必要なものがあるから。

面倒くさいといろんなアイテムに頼りがちですが、逆にこんなシンプルなもののほうが結果楽チン家事へとつながることもあります。

キッチンツールは後々のことも考えてお迎えしたいものですね。

ライター紹介
MIHO

MIHO

11歳・5歳・3歳を育てる田舎在住アラサーママ 末っ子長男はダウン症。 主婦に向いてないのに主婦やってるために失敗ばかり。

Page Top

©2018 WARARA. All Rights Reserved.