warara

”エリーちゃん”あなたはこの子を知っていますか?

突然ですが、”エリーちゃん”って知ってますか?

しょっぱなからホラー感満載の始まりですが、女児ママならきっと一度は目にしたことがあるかと思われるこの女の子。

そう、エリーちゃんとはあのリカちゃん人形を模したであろうお人形さんです。

リカちゃんといえば永遠の11歳で知られていますが、それにしては老けた大人びた可愛らしい人形で女の子だったら必ず1体は持っているであろう女の子ですね。

公式には『リカちゃんは、ときめきや夢・憧れの体験を提供し、可能性を広げたり夢中になれるような好きを見つけるお手伝いをします』と書かれています。

ですが実際対象年齢3歳から楽しめるとあって、服やパンツを速攻剥ぎ取られたり、髪が無くなったり、顔が原型を留めないくらいのメイク(落書き)されたり、トースターでチンされたり…とまあ上品な遊び方はされないわけです。

そんな悲惨な人生を送ることになるのが常なリカちゃんのお値段のほうはなかなかに可愛くなく2.5千円から4千円するものまで様々。

子どもによるお世話の状況によっては寿命が短いリカちゃん。だいたい1体では物足りなくなるものなので、結局ファミリーを増産することになり家計にはなかなかの痛手となります。

我が家も例にもれずリカちゃん人形は今あるだけで6,7体(父親母親含め)。

みんな裸体なので当初の面影はないものの、よく家で遊ばれているおもちゃのひとつです。

ですがそれ以上にうちの子が愛する人形があるんです。

それがようやくご登場の”エリーちゃん”!

このエリーちゃん、みんな大好き100均でお迎えすることができますが、たまにラーメン屋さんなどのおもちゃ付きお子様セットなんかでも入手可能。

エリーちゃんもきっと永遠の11歳かなんかなんでしょうが、リカちゃんと同様大人びたお顔でかなりのスレンダーボディ。

О脚の人もビックリなほどの足のスキマを持ち、美しい顔立ちに相反した面長すぎるお顔はリカちゃんより多少顔面偏差値は低め。

髪質も決して良好とは言えませんが、今流行の”切りっぱなし○○”と言えばまぁ納得です。

そんなエリーちゃん、体重も超軽いので持ち運ぶには最適なAIドールって感じでなかなかGOOD。

控えめに言って”100円クオリティ!”ですが、うちの子はエリーちゃんを愛してやみません。

リカちゃんがなかなか買えないからではなく、好んでエリーちゃんを選んで遊ぶのももちろんエリーちゃん。

何がそんなに女児の心を魅了するのか全く不明ですが、大人から見るエリーちゃんの何が良いかって洋服が種類豊富なんです。

もちろん1着100円で売っているんですが、結構リカちゃんの洋服と遜色ないくらい可愛いのが揃ってます。

ティアラなどのアクセサリーもあるので500円出せばエリーちゃん本体・洋服3着は余裕で買えて着せ替えもし放題。

どうしてもリカちゃんだと服を買うにも高いし、専用の服も結構もろい…。

しかも極めつけはリカちゃんとエリーちゃん、体形の違えはあれど体格はリカちゃんに寄せて作ってあるのか服の兼用が可能なんです。

これって結構重要で、いままでは服が高いリカちゃんの着せ替えは金銭的にハードルが高かったのが、今やプチプラファッションを着せられるように。

因みに我が家にはエリーちゃんが5体住んでおり、人気の茶髪エリーちゃんは子どもたちに特に愛されています。

あんまり多様な遊び方ができない人形は子どもが飽きやすいおもちゃのひとつ。

エリーちゃんには申し訳ないですが、数体お人形が欲しいならボロボロにされても諦めがつきやすいエリーちゃんも選択肢として大アリです。

今後はハルトくん(リカちゃんの6代目ボーイフレンド)の代わりになるようなエリーちゃんの相方が出てくれることを祈りつつ、ごっこ遊びがもっと安価で楽しめるのは素敵ですね。

ライター紹介
MIHO

MIHO

11歳・5歳・3歳を育てる田舎在住アラサーママ 末っ子長男はダウン症。 主婦に向いてないのに主婦やってるために失敗ばかり。

Page Top

©2018 WARARA. All Rights Reserved.