warara

【PayPayの乱】マルチ戦士になれるのか?

最近ではめっきりCMで宮川大輔の不快なダンスを見ることもなくなったので、「ようやくPayPayに対抗する抗ウイルス剤が開発されたのか…┐(´д`)┌ヤレヤレ」と思っていましたが、現実はそううまいこといきませんね。

私が現金を使おうが使うまいがPayPayはどんどんそこら中に蔓延を続けてます。

そんな私もアンチを名乗りながらもPayPayのスパイ活動と称して、コンビニや100均でちょいちょいPayPay発動させてます。

そしてこのスパイ活動で私達(現金主義者&ズボラ人間)が、PayPayを毛嫌いしている理由を発見。

ヤツらの弱点はそう”チャージのめんどさと残高超えの恐怖”

ズボラはお金管理が下手くそなので、いくらチャージしていくら残ってるか忘れてしまっていることがしょっちゅうあります。

なので、病院に行ったほうが良いズボラレベルの私には、こんな煩わしいチャージ作業がとにかくめんどう。

また、残高超えの恐怖というのは前回コンビニで起こった事件ですね(これこそ早く忘れたい)

そんな弱点のあるPayPayですが、”スマホ決済に打ち勝つマルチ戦士”になるために私はまだやるべき任務が残っています。

「もういいじゃないか…現金と共に我々も滅びるとしよう…」と現金主義者の仲間の声が聞こえてきますが、敵を制してこそ現金が生きながらえるもの。

というわけで【第3回PayPay打倒作戦】のラストを締めくくるのは、ショッピングモール内にある赤ちゃん本舗といきましょう。

慣れたコンビニや100均ばかりで使っていては成長は見込めません。

今回の任務のテーマは”脱初心者”。いかなる場所でもスマホをスッとバッグから取り出し、スマートにお会計が出来てからこそようやく墓場に行けるってものです。

いつものように、財布とスマホを両手に持ち「どちらで払うか?」と会計ギリギリまで悩むチキンゲームはもう終わらせたい。

しかし、本当に休日のショッピングモールは暇人でごった返しています。

ただ、私もたかがトータル500円程度の子供の歯ブラシとストロー買うだけなので文句は言えませんが、こちらは訓練の場として来店なので悪しからず。

まず、PayPayを使うにあたって私が行うのは、レジに「PayPay使えます」のステッカーがあるかどうかの確認です。

これまではステッカーを見るたびに「あらあら、今度はあの店も感染しちゃってるよ…(合掌)」と思っていましたが、今は「どうかあのステッカーを私に見せつけてくれ」と願うばかり。

その願い通りステッカーはしっかり貼ってあったので、一安心してスマホを取り出します。

ヤツの弱点ワースト1の残高チャージも重い尻上げて5,000円装備してきました。

次はちゃんとアプリが起動するかどうかが肝です。PayPay感謝デーかなんかの期間中は、エラーが続出して決済できいこともあるらしい。

そんな恐ろしいことが起こったらソッコー舌噛んで絶命ものですね。

なので並んでるうちにバーコードを表示。これで後は「(いつも使ってる)PayPayで」と言うだけ。

しかし、人生は山あり谷あり。

店員さんは「PayPayですね、お願いします」といって、なんとQRコードの書かれた紙を出してくるではありませんか。

(これがあの「スキャン支払い」というやつか…とうとう新兵器を繰り出してきやがったな、赤ちゃん本舗め!)

もちろんスキャン支払いの知識は事前に仕入れているので、スムーズにスキャンして金額を入力、店員さんに披露します。

私「これでいいですか?(ドヤ」

店「は?あぁ…ここを押してください。そしてこの+を押した画面を見せてください」

”は?”のパワーワードで戦意喪失。今回の任務である”脱初心者”から大幅に脱線です。

悔しいですがすました顔してる余裕はなかったので、「はい…はい」と指示に従って任務完了。

常連風を装って立ち向かいましたが、結局店員さんに見透かされてしまい舌噛んで終了です。

またPayPayと感染者の店員さんに踊らされることになったわけですが、今回の任務でだいぶマスターしてきたのは言うまでもありません。

PayPayの乱はまだまだ終わが見えませんが、このまま現金と滅びるわけにはいかないので、また新たな発見があったらここで報告することにします。

ライター紹介
MIHO

MIHO

11歳・5歳・3歳を育てる田舎在住アラサーママ 末っ子長男はダウン症。 主婦に向いてないのに主婦やってるために失敗ばかり。

Page Top

©2018 WARARA. All Rights Reserved.