warara

【ズボラチェック】この私を超えられるか?

さてダラ奥さん、なぜでしょうね?

この時期になるとズボラに益々拍車がかかるのは。

寒いせいなのか?

はたまた年末の大掃除がチラチラちらついてるからなのか?

私のような半動物人間は、きっと冬眠すべき時期が近づいてることを知っているので、身体が言うことを聞かないのでしよう。

仕方ありませんね。

野生のズボラに生まれ育った成れの果てです。

それでも「私なんて主婦としてほんとダメダメだ…」と自分の性格にほとほと嫌気が指しているあなた。

大丈夫ですよ!きっと私を超えることはできないはずなので、自信を持ってこの年末を乗り越えていきましょう。

これから出すリストにひとつでもチェックが付かなければ、あなたは立派な主婦としてやれてますのでひとまずご安心を。

では、早速私の痴態リストをご覧いただきましょう。

□ひんやり冷却シーツで寝てる

→このクソ寒い季節にまだ冷却シーツを敷いてるあなた、生粋の南極育ちですね?

それか、”まだ夏は終わってねー”と意地を張るパリピ主婦?

私はこのどちらでもなく、いくら探してもやっぱり行方不明であるあったかシーツ難民です。

そこに触れるだけでアホみたいに寒いのは分かってるのに、なかなかしまうことのできないこの冷却シーツ。

先日は子供がこの上に寝ていて本当に申し訳なく思いつつも、眠さに勝てず毛布で救援。

□10年前のヒートテックを着てる

→これは絶対やってますよね?

ヒートテックって1年越しに買い換えるのが正常みたいですが、本当にもったいないですね。

もちろん10年も着ればヨレヨレで、謎の白くて細い繊維が露出しています。

でも、ヒートテックって人に見せるものとは思ってないので大丈夫!

下着透け防止と、すでにヒートテック機能は無くなってしまったもののなんとか1枚は着てるから寒くないという謎の自信だけで来年もいくことでしょう。

□むしろ下着も10年ものです

→この前ついに夫に白状しました。

「見よ!私は10年前に買って経年劣化により破れたパンツを今だに履いている」と。

もうね、恥じらいすらなくなってしまった夫婦※結婚5年目

すると夫は「お前バカじゃねーの?!汚ねぇ!肌に身に付けるものはちゃんと新しい物の買え!」とのこと。

確かに下着大事。でも、なかなか自分と相性の良いパンツってなくないですか?

これも誰に見せるものでもないわけで、破れてしまってもお気に入り。

でもさすがに夫から反感を買うのでズボラ認定します。

□換気扇が発毛してる

→知ってましたか?換気扇って発毛するんですよ(爆)

もちろん換気扇が冬支度始めたからではないです。

放置プレイゆえの発毛です。文章でも閲覧注意にさせていただきたいんですが、事実だからしょうがない。

だって換気扇って視線より上にあるからあんまり気にしないですよね?

夏はエアコンをプロに頼んで整形級に綺麗にしてもらいましたが、換気扇はどうしましょう。

そろそろこの謎の発毛を刈り取らないといけないとは思いつつ、なんだかんだで令和2年に突入することでしょう。

□美容院は半年おきが普通

→妻になっても母になっても女であることを忘れてはいけませんー…

本当ですね。でも、行く気だけは誰よりもあるんです。

あんな髪型にしたい、ど派手カラーも挑戦したい、とにかくうざいから早く切りたい。

思いは溢れるばかりですが、美容院に予約を入れるまで約半年。

その間、「やっぱりまだいっか」と天の声が囁いてくるので、いよいよ頭が世紀末レベルになるまでは行くことが不可能になります。

プリンどころか、カラメル増し増しの無造作ヘアーをカットする美容師さんもきっとやり甲斐があることでしょう(ない)

どうでしたか?さすがに一個もチェックが付かないとはいかなかったかもしれませんね。

それでも全チェック済みの私からすれば、まだあなたは立派な主婦認定です。

これからやってくる年末年始、大掃除なんて知ったこっちゃない。

でも、私達は自分を犠牲にして夫と子供のことを1番に考えて生活しているのです。

そんな貴重人種”お金のかからない女”として来年も共にゆるくいきましょうね♪

ライター紹介
MIHO

MIHO

11歳・5歳・3歳を育てる田舎在住アラサーママ 末っ子長男はダウン症。 主婦に向いてないのに主婦やってるために失敗ばかり。

Page Top

©2018 WARARA. All Rights Reserved.