warara

「もうイヤー!」はじめて家出のススメ

「ウチの旦那には何回言ってもムダ!もう全然期待してないんだけど、ワンオペも辛い…」

そんなお悩みを持つあなた、我が家の夫ももれなく同じ種族です。

”休みの日くらいオムツ変えやってほしい”

”お風呂入れてほしい”

”ご飯食べさせてほしい”

これまでに何億回同じことを言ったのかもう数え切れないくらい。

家ではこんな無能旦那を、大きな息子として我慢してお世話する奥様も少なくないようです。

しかし、私達のキャパシティはそんなに広くはありません。

「期待しないと楽だよ~」なんて、そんなアホな。

ママや妻の前にあなたは1人の人間ですから、慈悲深い聖母マリアなんてなれるわけないのです。

だからといっていつもちくわ耳の旦那。

そんな毎日に嫌気が差し、私は先日遂にに噴火レベル5を迎えてしまいました。

そして、結婚5年目にして”はじめての家出”を決行したのです。

旦那には〜内緒〜で 家出をするの

どーこーに 行こうかなー♬

…と、実際ははじめての何ちゃらのようにワクワクドキドキな冒険が待ってるなんて気分ではありません。

マグマが流れ出している中で冷静になれるはずもなく、子供3人分のパジャマと下着をキャリーバックにぼんぼん詰め込みます。

そして、少なからず何かヤバいことになっている気配を感じながらゲームをしてる旦那を横目に家を飛び出しました。

これまでも何度か家出してやろうと思ったことはありましたが、実際に行動に出たのは初めて。

おまけに日曜の夕方という、ワンオペ主婦が髪を振り乱しながら家事育児をする時間帯のことでした。

怒りと悲しみ、罪悪感と終末感…

いろんな思いが錯綜していましたが、行く当てもなく車を飛ばしていると、なんだかちょっと不良になった気分に。

こんな時間に夕食作りもせず、お風呂の準備もしていないなど、なんだか主婦としてやっちゃいけないことをやっているのが清々しく思えたのです。

このままどこか遠くへ行ってしまおうかとも思いましたが、子供3人引き連れて、おまけに日曜の夕方といった”サザエさん症候群”も重なっていたため、引き返して近くの実家へ直行。

家庭を持つ者としてはなるべく親には頼りたくない一心でしたが、実家の暖かさは噴火で荒れた心に水が流れるが如く染み渡りました。

いくら家庭を持ったといえども、同じ家ばかりにいると追い詰められる原因にもなります。

一旦違う空気を吸い込んで、甘えられる環境に行くのはとても大切。

私も二度と帰るもんかとは思ったものの、溶岩が全て流れ出たので子供の就寝時間に合わせて帰宅することにしました。

自分で食事の支度(コンビニ飯)をし、食べていた夫は特に何も言わず、子供をただ抱きしめていました。

よし、また明日から頑張るか!…と思っていましたがなんと翌日、夫が今まで絶対にやらなかった皿洗いや洗濯干しの手伝いを率先してしていました。

どうせ今だけだろうと思っていましたが、家出されたのが大分懲りたようで、なんだかんだと続いてます。

子供達を大人の都合で振り回してしまったのは後悔しかありませんが、行動に出て初めてお互いが冷静になれたようです。

私のように噴火してからは遅いと思いがちですが、家出ってなかなかしないですし悪いことのイメージが強いですよね?

でも、同じことの繰り返しの毎日にちょっと刺激を与えるのも結構大事なこと。

子供達もはじめは「何事?!」とびっくりしていたようですが、ちょっと薄暗くなった時間にうろちょろするのもたまには悪くないといった感じ。

今では、お互いが離れてみたことで前よりも思いやりが持てたように感じます。

言葉で言っても分からない旦那さんをお持ちのあなた。

ちくわ耳に何度も言い聞かせるより、たまには本気の行動を見せることのほうが効果抜群かもしれませんよ。

ライター紹介
MIHO

MIHO

11歳・5歳・3歳を育てる田舎在住アラサーママ 末っ子長男はダウン症。 主婦に向いてないのに主婦やってるために失敗ばかり。

Page Top

©2018 WARARA. All Rights Reserved.