warara

「みーんな一緒だよ…」という洗脳

我が家もやっと長い春休みが終わり、子どもの園生活がスタートしました。

これまでと違うのは”マスク必須”なこと。

我が子はマスクを付けるのが難しい子ではありますが、先生の「みんなしてますので…」に一掃されマスク生活がもれなくスタートしました。

慣らし保育期間中なのでお迎えは午前中。迎えに行くとすでに子のマスクはぐっちょぐちょです。きっと他の子も年少さんなら大体同じ感じでしょう。

その後皮膚科に用事があったので行くと、薬剤師さんは仰ってました。「最近はマスクのせいで口周りのトラブルが多くなってます。本当はマスクはしないほうがいいんですけどねぇ…」

ぐっちょぐちょのマスクを付けるということは…普通に考えてお漏らししたパンツをずーーーーっと履きっぱなしにしてるのと同じか、口元という菌が繁殖しやすい場所ならそれよりもっと汚いということ。

子どもなら尚更ですね。泥んこに入ってしまい靴が真っ黒になってしまったことは先生たちすごく気にされますが、ぐちょマスクは何とも思わないのか不思議です。

マスクに関してはまたまたお騒がせなマスク拒否おじさんが今度は飲食店でマスク拒否&警官を殴って逮捕されましたね。

この事件は世間に良い見せしめとなります。マスクをしていない=警察沙汰になるよっていう見せしめ。怖いですよね。マスクしないと歩く致死性ウイルスとして犯罪者と同等の扱いとなり見事に前科者デビューなんですから。

マスクが当たり前な世界が出来上がると、今度は変異株となり最近はワクチンで盛り上がってるテレビ業界。

イギリスではワクチンでコロナが終息したというのも記憶に新しいですね。

今のイギリスはコロナ前と同じ生活に戻りつつあるそうです。その証拠にみんなマスクはしてないし、飲食店は大繁盛。経済が右肩上がりで上昇傾向裏山~。

そして早く日本もワクチンが早く行き届いて早くイギリスのようになりたいー!って思っている人も大勢いるようです。

でも、そんなコロナに勝利したイギリスさん…現在の新規感染者は日本の2.5倍です。

早くイギリスのようになりたい??いや、これで普通の生活に戻っているなら日本ははじめっからコロナパンデミックなんて一度も訪れていないですよね。

どこの国もこんなに少なすぎる陽性者ではロックダウンもしないし、緊急事態宣言?大げさの極み。

そんなワクチンも結構心配な副反応が色々報告されています。私の母は医療従事者なので病院で早速接種が始まっていますが、打った人は「痛くなかったよー!打った翌日も腕が上がらないくらいだよ~」だったそう。

腕が上がらないとか個人的に超怖いんですけど…。インフルの予防接種でも腕が上がらないとかないです。発熱なんてもってのほか。

因みに母の病院では接種は強制ではないけど、みんな打ってる。らしい。出ました”みんな一緒だからみんないい”精神。

とんでもなく早いワクチン開発と普及。それをまともに精査する余裕もなく、みんな打つからあなたも打ってねと遠回しに強制し、それを容易に受け入れる私達を国のトップ層は完全にコントロールできているといってよいでしょう。

マスクだけじゃなくこのままいけば子どもでも安全だからとワクチンの接種可能年齢が引き下げられ、子どもも打ちましょうとなる可能性だってあります。

ただの風邪症状か、無症状がデフォな子どもに訳の分からない薬を体内に入れて免疫低下させられるなんてこわーっ…。

また、新年度が始まって約1か月、早速休校検討!部活動の中止!が相次いでいます。

子どもを守るためとか言ってますが、未来ある子どもたちの精神破壊を目的とした集団ロボット育成計画なのではと勘ぐってしまうほどひどい有様。

現在SNSでもこうした異常事態に反対するキャンペーンがたくさん行われていて、デモをするほど行動的ではない私達でも賛同したり署名したり出来ることがあります。

小さなことからどんどん変えて、子どもたちは自分たちで守っていきたいですね。

ライター紹介
MIHO

MIHO

11歳・5歳・3歳を育てる田舎在住アラサーママ 末っ子長男はダウン症。 主婦に向いてないのに主婦やってるために失敗ばかり。

Page Top

©2018 WARARA. All Rights Reserved.